re: le jazz modal / リ:ル・ジャズ・モーダル<modal裏ブログ>

modal.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 25日

エスカルゴ牧場!

研修をしました。エスカルゴ牧場。

メンバーはいりなかのビストロルバーブのオーナー&スタッフ、そしてなぜか僕。

営業前の昼間です。
三重県松阪市まで。

前々から僕のまわりでは、気になっている人がたくさんいたスポット。
楽しみに出発です。

高速に乗ること約1時間半。

着きましたエスカルゴ牧場。

でっかい社員食堂みたいなところでまずはブルギニョンセットというエスカルゴのオーブン焼きがメインのセットをみんなで食べる。

いつも食べているエスカルゴより味がやさしい。

そうなのねー。
と思っていたら生きたエスカルゴ登場!!

(株)三重エスカルゴ開発研究所の社長の高瀬さんが熱く解説。

彼は高瀬鉄工所というのを本業で経営しているのですが、エスカルゴの魅力にひかれて研究をはじめたらしい、、、。

本物のエスカルゴはブルゴーニュ種というもので、これはいまや絶滅の危機にあるそう。

普通に出回っているエスカルゴは別の品種なんだって、、、。

ブルゴーニュ種の養殖(難しいらしい)に成功したはじめての人が高瀬さん!

そんな話を聞きながら、養殖場の見学、またまた食堂に戻って、お話を聞く。

僕たちは料理人ばっかりで行ったので、どうやってさばくかとか、どうやって調理するかとかの話をしていたら社長が盛り上がってきて、さばいて食べさせてくれるということに!

みんなでキッチンに連れて行ってもらい、生きたエスカルゴが5匹登場!

なべに水を入れてエスカルゴをドボン。
火にかけます。
60度ぐらいになると火を止めます。
この温度でエスカルゴがうまく殻から離れるらしい。

みんなで1匹ずつ殻からはずす。
ぷるんと渦の形のまま身が出てきます。こわー!

早速、肝をみんなで試食。
僕は恐ろしすぎて食べれず、、、。
土の味がすごくするらしい。じゃりじゃりするらしい。こわいよー!

次は身を半分に切って刺身醤油で。
これも相当怖かったががんばってぱくり。
これでも十分土の味が!うえー、こわー!

後は軽くガーリックとグレープシードオイルでソテーして、塩コショウだけというものも。
うーん、やっぱり土の味!こわいこわいこわい。

ということですっかり怖くなって帰った僕たちでした、、、。
(ちゃっかりお土産エスカルゴは買いましたよ)

写真は
エスカルゴ牧場とルバーブオーナーのシトロエンクサラブレーク
ブルギニョンコースのオーブン焼き
さばかれるエスカルゴ(こわい)
a0109071_2316535.jpg
a0109071_23162343.jpg
a0109071_23163581.jpg

[PR]

by lejazzmodal | 2008-03-25 22:31 | france フランス


<< 久しぶりにイタリアン!      やったよ!付いたよ!ユーロプレート! >>